がん保険の保証内容見直し

日本人の死亡原因の上位に入ってくる癌、最近はタレントさんの中で癌を公表され鵜方も多くなり、早期発見のために検査を定期的に行うようにと提起してくれています。乳がんや子宮ガンなどの女性特有の癌、また胃がんや肺がん、肝臓やすい臓などたくさんのがんがあります。しかし早期発見であれば命を無くす病気ではなくなっているため、がん保険は重要なのです。

癌の治療は時に高額になりますし、長く通院する事も多く、また手術を受けることも多いです。そのため、最近は治療費、入院費、手術なしで診断だけという状態でも、即時100万円が支払われるというがん保険もあります。入院準備品や手術に利用する費用の一部を支払うために利用できる費用となるのでとても助かります。

がん診断給付金がついているかどうか、また上皮内新生物についても対象となっているか、(上皮内新生物とはごく初期の癌で上皮の内側にできる、がん保険の中にはこれが補償されないことが多い)、さらに再発した場合にも、再度受け取る事が出来るかどうかも見直ししましょう。

また最近はがん治療のなかで先進医療を選択刷る事も多くなっています。先進医療は重粒子線治療、また粒子治療など厚生大臣指定の治療です。特定費用、先進医療共に健康保険対象外、つまり実費です。高額な費用がかかるため、これらの費用を受け取る事が出来るかどうかも保険見直しすべきでしょう。