終身保険はきちんと見直して!

保険見直しの際、定期保険特約付き終身保険という商品に加入しているのであれば、一度内容をしっかり見直ししてみてください。実はこの保険に加入されている方の多くが見直しを考慮し、他の保険に乗換をしている、また検討しているのです。

何がそれほど問題になるのか、私たちは保険に加入する際、必ず内容を気化されますが、実はよくわかっていません。例えばこの定期保険特約付き終身保険で、終身部分が500万円、定期保険特約が4500万円となっている図が書かれている時、これはちょっと図がおかしくないか?と気が付かなくてはなりません。

500万円の終身保険と4500万絵の定期保険特約部分が同じ大きさになっているのです。実は終身保険部分が500万円しかない保障としては非常に薄い保険なのに、それを感じさせないように、500万円と4500万円の図を同じくらいの比率にしてしまっています。例えば45歳までは4500万の保証が受けられる、しかし45歳を過ぎるとたった500万円の保証となってしまうということが図でよくわからないようにごまかされているのです。

またこの保険の場合、的保険特約が自動的に15年更新する等の規定があり、45歳を過ぎると一気に保険料が増加します。45歳で保険料の計算を再度行うということになるので、保険料がかなり上がってしまいます。こうした保険に加入されている方は、保険見直しの専門家などに相談し、どのような保険にしていけばいいか、一緒に考えてもらうといいでしょう。