保険見直しの基本

保険見直しの基本は、誰が加入するのか(誰が困らないようにするのか)、どのくらいの保証が必要なのか(生活に必要な保障はどのくらいなのか)、いつまで困らないようにする保険なのか、この三つを基本に考えていくと、今、自分が必要な保障が見えてきます。つまり「誰が」「どの程度の金額を」「いつまで必要となるのか」ということが基礎となるのです。

今まで全く保険見直しをしたことがないという方もいますが、結婚する時には必ず見直しを行ってください。結婚されると配偶者ができ、一般的に万が一の際保険を貰う人をご両親などから配偶者に変更する事が多いので、ここで保険見直しのチャンスがきます。

この場合、誰が「配偶者が」、どれだけ「生活して行けるだけの費用を」、いつまで「配偶者が収入を得る状態になるまで」と考える事が出来ます。またお子さんが生まれた時には、奥様が働いているかどうかなど家族の状況によって変わってきますが、誰が「子供が」、どれだけ「高校、若しくは大学まで行くことができる教育費、生活費」、いつまで「高校、若しくは大学卒業まで」と考えることができます。次は保障内容をしっかり考えなくてはなりません。この補償内容こそ、保険見直しで最も重要な点です。